全農林について
全農林の活動
交渉情報
農村と都市をむすぶ誌
委員長のつれづれにっき
準備中
全農林独法労組第2回退職手当支給水準改定交渉(賃金改定協議会・農研機構)

全農林独法労組は、退職手当支給水準改定に係る第2回交渉を、賃金改定協議会(以降、「協議会」)と1月25日に、農研機構当局(以降、「農研当局」)とは賃金交渉合意後の1月30日に、それぞれ農林水産省会議室で臨み、合意・決着した。

各交渉で独法労組は、退職手当の削減という厳しい提案内容だが、官民較差の是正を目的として実施するものであること、また、人件費が厳しく査定されている中で、国よりも減額した削減率の改定で合意した場合、法人の人件費運営に影響を及ぼしかねないことは受け止める必要があるとした上で、組合員に対し、改定の背景や組合員への影響の程度について丁寧に説明し、時間的な余裕を確保することを前提として受け入れるとし、それぞれに見解を質した。

これに対して協議会および農研当局から見解がそれぞれ示されたことから、労使合意をもって決着した。


2018年01月30日 | 交渉情報



ページトップにもどる